【早漏くん必見!】早漏チンで女をしっかりイカせる体位5つ

こんにちは、strongmanです。

「早漏で悩んでいる」
「早漏でも女をイカせられる体位を知りたい」

などと思っている人は結構いると思います。

今回はそんな早漏の方に必見の、女性をイカせることができる体位について紹介したいと思います。

早漏の方におすすめの体位①「屈曲位」

早漏の方の中には、女性を喜ばすことができる体位を探している方も多いのではないでしょうか。

「自分の好きな体位はあるけどすぐにイッテしまいそうだ」という方におすすめしたいのが、「屈曲位」です。

屈曲位というのは、正常位を変形したものです。

女性の両足を男性の肩にかけ、膣とチンコを一直線にするのがポイントです。

膣口が上部を向くことで、上から男性が体重をかけるのが特徴と言えるでしょう。

屈曲位ってどんな体位なの?

屈曲位(くっきょくい)は、人間の性交体位の一種

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%88%E6%9B%B2%E4%BD%8D

エビのような感じで行うセックス

屈曲位というのはまるでエビのように、または二つ折りのような感じで身体を屈曲させる体位です。

女性の上部から男性が覆い被さっていき、体重をかけながらチンコを挿入していきます。

正常位には様々なバリエーションがありますが、その中のひとつに数えられていて、屈脚位(くっきゃくい)と呼ばれることもあるようです。

セックスしやすい

屈曲位は、女性との結合部分に男性の体重がかかるため、チンコが膣の奥深くまで入れやすいというメリットがあります。

早漏の方は刺激に弱いこともあって、挿入する前あるいは挿入した後、すぐにイッテしまう人が多いと思います。

しかし屈曲位であれば、チンコが膣の奥まで通りやすいので、十分に満足できることでしょう。

他の体位と比べて深い挿入に

屈曲位の体位は、正常位やバックなどの他の体位と比べて、より感じやすいと言われています。

次回の女性とのセックスで、試してみるのはいかがでしょうか。

他の体位にも刺激を感じやすいものはありますが、特に屈曲位はより深い挿入ができますので、早漏の方には是非試してもらいたいです。

早漏の方におすすめの体位②「寝バック」

早漏の方におすすめの体位としては、寝バックも良いでしょう。

寝バックは短小チンコの方にもおすすめですが、早漏の方にも最適な体位と言えます。

これはバックの状態からスタートし、その後に足を伸ばしてうつ伏せになった状態で、女性の上から男性が覆いかぶさるような感じになります。

バックの体位からお互いが寝た状態になることから、「寝バック」と呼ばれるようになったようです。

寝バックというのは、男性のチンコのサイズによってはかなり奥深くまで挿入できるのが特徴で、他の体位と比べて挿入感が得られます。

早漏の方におすすめ

早漏の方は挿入した後、人によっては挿入する前に、イッテしまう人もいるかもしれません。

寝バックであれば、より深い挿入感を味わえますので、今まで快感が得られなかった人も満足できると思います。

ただ挿入する前にイキやすい方は、あまり刺激しないで、すぐに挿入することをおすすめします。

寝バックは後ろから突くというよりも、奥まで挿入した後に先端部分をポルチオ性感帯に当てたまま固定するのが理想的な攻め方です。

寝バックの特徴とは
  • 男性は静止した状態でも中イキできる
  • 女性の腰が小刻みに動くことでポルチオ性感帯への刺激が強まる
  • 連続的に中イキし続けられる
寝バックのやり方
  • うつ伏せの状態になる
  • 男性が上から挿入する
  • そのまま刺激する

早漏の方におすすめの体位③「立ちバック」

バックにも様々な体位がありますが、立ちバックもおすすめです。

立ちバックというのは、男性と女性それぞれが立った状態になり、男性が両手で女性の腰を持ち、前後に腰を振ります。

通常のバックが、立って行うスタイルになったものです。

バックもそれなりに楽しめますが、立ちバックは四つん這いバックと異なり、より開放感を味わえるのが特徴です。

お互いの負担を軽減できる

立ちバックは、お互いの身長差があまりない限りは、立ったままで丁度良い高さで腰を振れますので、疲労が少ないのが特徴です。

ベッドの上でプレイする人もいますが、女性が壁などに手を置くことが多くなるので、やはりお風呂場でやるスタイルがおすすめですし、お互いの負担の軽減にも繋がります。

よりセクシーになれるかも

お風呂場で行う立ちバックは、いつものようにベッド上でのプレイではありませんので、一味違った興奮を満喫できるのではないかと思います。

いつもは早くイッテしまう早漏の方も、これなら最後まで楽しめることでしょう。

立ちバックは、女性の曲線美がしっかり見えるのも特徴で、立ちバックのメリットと言えるでしょう。

早漏の方におすすめの体位④「上体を起こしたバック」

バックには色々な体位がありますが、上体を起こしたままのバックというプレイの仕方もあります。

上体を起こして行うバックは、四つん這い状態からの応用スタイルです。

上体を起こしたバックのやり方
  • 男性はそのまま
  • 女性は上半身を上げる
  • 男性が女性の片手を持った状態で前後に腰を振る
  • このときの女性の片方の手はベッドについた状態

四つん這いからスタートする

上体を起こしたバックは、女性の両手を持っても構いませんが、場合によっては女性が辛い体勢になることもありますので、状況によっては片方の手だけにするのも良いでしょう。

こちらのプレイは「女を犯している」という、危ない支配力を体感できるのが特徴と言えます。

上体を起こしたバックは、基本的には四つん這いプレイをマスターした後に行うのが良く、スムーズさが増して満足感を得られやすいです。

早漏の方におすすめの体位⑤「正常位」

早漏の方は「正常位」でセックスに慣れていくのも良いかと思います。

セックスをするなら正常位が良い、と思っているのは女性も同じです。

早漏の方の中にも正常位で早漏を克服したい、という人もいるかもしれません。

正常位でも早漏の克服は可能ですので、十分に楽しむことができます。

最後は女性の顔を持ち上げて、優しくキスをするのもいいかもしれませんね。

まとめ

早漏チンコでも女をしっかりイカせる体位5つは

  1. 屈曲位
  2. 寝バック
  3. 立ちバック
  4. 上体を起こしたバック
  5. 正常位

といった結果になりました。

早漏の方は全体的にバックがおすすめですが、自信がついてきたら他のプレイにも挑戦してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA