NEWS TOP

2017.06.30

グレイの止まらない悪戯を次第に受け入れていくアナ…!テイラー&ゼインの楽曲に乗せ描き出される“エロティックな特別映像”解禁!!

この度、想いが通じ合ったことで深化した2人の愛が、ゼイン・マリクとテイラー・スウィフトによるムード満点の楽曲にのせて、さらにエロティックでゴージャスに描き出される特別映像が到着いたしました!!!

恋愛未経験の純粋な女子大生アナと歪んだ形でしか女性を愛することが出来ないグレイによる特異な恋愛が過激に描き出され話題となった前作。本作で純粋な愛に目覚めた2人は、気持ちが通じ合ったことでより一層激しく互いを求め合い、濃厚なラブシーンもよりエロティックに深化を遂げていきます。今回解禁された映像は、高級レストランで食事を済ませた後のグレイからの「脱いで」という衝撃の一言から始まります。何かを察したアナが「ここで?」と尋ねると、「今、ここでだ。」と優しく答えるグレイ。周囲の目を気にするかのようにキョロキョロと辺りを見渡しながら、グレイの目をじっと見つめると自身のスカートの中に手を伸ばし、身につけていたパンティをこっそりと脱ぐアナ…そのまま、帰路につくために満員のエレベーターへ乗り込みます。すると、一般客がいるにもかかわらず、突如エレベーターという密室でグレイの悪戯が始まり…!『フィフティ・シェイズ』シリーズならではのエロティックでドキドキする展開に、本作のメインテーマであるゼイン・マリクとテイラー・スウィフトというトップアーティストが共演したムード満点の楽曲♪「アイ・ドント・ワナ・リヴ・フォーエヴァー」が絶妙に絡み合い、前作よりさらにパワーアップしたセンシュアルな世界観を体感することが出来ます!

2471_d023_00017r_crop

プロデューサーのマーカス・ヴィシディは「今回のアナは、前作で受け入れられなかったグレイの性的嗜好を経験したいと思うようになる。グレイが望む方法で愛したいと思った自分をアナは理解するようになるんだ」と、グレイの悪戯を受け入れようとするアナの心境の変化について明かし、また同じくプロデューサーのデイナ・ブルネッティは「第1章ではアナが禁断の世界を発見して足を踏み入れていく姿が描かれるけど、本作ではグレイの願望や欲望のことを知った状態で、その世界を受け入れようとする。劇中においても、アナが望んでそのようなシーンに展開するの」と、真の恋人に変貌したことによりエロティックに深く展開していく2人のラブシーンについて言及しています。アナを演じたダコタ・ジョンソンは、第2章で描かれるアナとグレイの濃厚な恋愛について「肉体的な感覚も、性的なものもあるけど、基本的なベースはラブストーリーよ。複雑で知的な二人の間に、あらゆる面で人格や人生が入り込んでいる。家族や仕事、そして性に関する趣味も全て二人の情熱的な燃え上がるような恋愛を中心として回っているの。」とコメントを寄せています。

“『フィフティ・シェイズ』シリーズのサウンド・トラックに参加できる=アーティストとして一流の証!”とまで言われる程に、劇中に流れる楽曲の評価が世界的に高い本シリーズ。洗練された音楽に乗せ、真の恋人となり燃え上がる2人の愛がさらにエロティックでゴージャスに深化した濃厚なラブシーンにも是非ご注目ください!

2471_d048_00020r

2471_d023_00110r

2017.06.28

“世界一美しいストーカー”の本当の狙いは、私・・・!?アナ絶体絶命!必死の説得もむなしく、 銃声が響く緊迫の本編映像解禁!

この度、グレイにつきまとう異常なストーカー女とアナが対面し、必死の説得もむなしく部屋に銃声が響き渡る緊迫の場面をとらえた本編映像を解禁いたします!

過去にグレイと密接な関係をもち、その想いを引きずったままグレイに付きまとうようになったレイラ(ベラ・ヒースコート)。グレイとの時間を過ごす中で何度かレイラとおぼしき姿を見かけていたアナは、アナの自宅でついにレイラと対面します。恐れつつも毅然とした口調で、グレイは部屋の外にいることを伝えるも、「あなたに用が」とポケットから拳銃を取り出すレイラ。そう、標的はグレイではなく、グレイと親密な関係にあるアナだったのです…!自身の動揺する心を抑え、なだめようと必死に説得するアナですが、レイラの元に一歩近づこうとした瞬間、レイラが発砲!!果たしてアナは、この絶体絶命のピンチをどう乗り切るのか?!ストーカーの恐怖を感じる緊迫のシーンとなっています。

Fifty Shades Darker

この恐ろしいストーカー女を演じたのは、ジョニー・デップ主演の『ダーク・シャドウ』(12)や、エル・ファニング主演のホラー・スリラー『ネオン・デーモン』(16)と注目作に立て続けに出演するベラ・ヒースコート。ベラはこの衝撃的な役について「とにかくこの作品に関わりたかった。世界的な大ブームを巻き起こしたシリーズだし、私自身も大ファンなの。それに、こういった役のオファーは私にはあまり来ないけど、彼女の内面を演じきる自信があった。レイラに興味があったし、困難な役だけど楽しく演じられると思ったの。今回の作品で描かれているスリラーの要素がすごく好きだわ。ストーリーがはらんでいる危険はセクシャルなものだけでなく、レイラがアナに及ぼす脅威も含んでいるの。レイラの衣装は1着だけで、長い間身繕いもしていない。彼女を見ればすぐに、ちょっと頭のねじが外れている人だと気づくはずよ。」と自信を持って挑んだことを明かしています。

2471_fpf_00026r

2013年「世界で最も美しい顔トップ100」に初ランクインし2016年まで毎年順位を上げてランクインを続ける美貌を備えたベラが演じる“世界一美しいストーカー”レイラの出現で、身に危険が迫るアナとグレイの2人は、果たしてこの脅威を乗り越えることができるのか!?

2017.06.26

E L ジェイムズ「私にとってはこの物語は典型的な”美女と野獣”なの」歪んだ愛し方しか知らなかった野獣が美女に純愛を誓う―アナとグレイのドラマティックな愛が垣間見える本編映像到着!

この度、歪んだ愛し方しか知らなかった野獣のグレイが、美女のアナに純愛を誓うドラマティックな本編映像が到着致しました!!

アナへの特別な“愛情”に気づいたグレイが特殊なルールを設けず純粋にアナを愛することを約束し復縁に至る本作。しかし、予期せぬ危機が2人に襲いかかり、またもやアナは、第1章で感じた不安に駆られていきます。「私は怖いの。あなたが今まで手に入れてきたものを、私は絶対にあなたにあげられない」と明かすアナにグレイは「あんなマネは二度としないと誓った。僕にとって君はかけがえのない存在だ」と優しい眼差しで答えます。そして、そのまま気持ちが動転しているアナの手を取ると、自身の胸元に押し当て「これが僕だ。僕の全て。」とアナの心を落ち着かせるように語りかけます。歪んだ愛し方しか知らなかった前作から打って変わり、アナへ心の底からの純愛を誓うグレイと、グレイの歪んだ心に怯えながらも歩み寄ろうとするアナの関係はまるで“美女と野獣” のよう…!過去の柵を乗り越え、まさに真の愛を突き詰める2人の姿が収められたロマンティックな映像にドキドキが止まらないはず!!!

2471_tp3_00078r

原作者のE L ジェイムズは、シリーズ第2章にあたる本作について「私にとってはこの物語は典型的な“美女と野獣なの。見どころは美女が野獣に立ち向かうところ。彼女は優しくて、思いやりがある。彼を癒やすのよ。愛は全てを癒やすの。」と、アナとグレイが純粋な愛で結ばれたことにより、ドラマティックに展開する物語を“美女と野獣”にたとえ、またアナを演じたダコタも「ストーリーのなかで人格が完成された彼女は、もうグレイの言いなりにはならない。その上で、彼は彼女のところに戻ってきた。相思相愛の2人は、相違点の折り合いをつける道を探し出さなくてはならない。私たちは、2人の魅惑的な旅路のようなものを目にすることになるのよ。」と、アナが一人の女性としてグレイに向き合ったことにより、さらに深化していく2人の恋人関係について語っています。

main

そんなドラマティックな赤い糸で結ばれつつある2人を演じたダコタとジェイミーの間にも共演者としての堅い絆が結ばれたようで、ジェイミーは「ダコタの素晴らしいところは、彼女だけが僕がどんな気持ちなのかわかっているし、僕も彼女の気持ちがわかる。物事が上手くいかない日もあるので、ある意味、お互いを必要としてた。僕らは求められるものが多かったし、特に彼女は肉体的に要求されているものが多かった。僕より着るものも少なかったけど、それは2作目で変わってきたかな。でも最初から一緒にいて、自分のことを理解してくれる人が必要なんだ。」と、身体を張った過激なシーンを演じることの多い本シリーズの撮影を乗り越える上でダコタの存在が欠かせないものであったことを明かしています。

アナとグレイの深化した純愛ラブストーリーは、数々の危機が迫るなか、どのような展開を迎えるのか!?役柄だけでなく、共演者としても心が深くつながった2人によって描き出されるドラマティックな第2章に是非ご期待ください!!!

2017.06.19

泉里香、明石家さんまをはじめとした著名人の甘い囁きに陶酔!?原口あきまさがフィフティ・シェイズ<50の人格>でモグラ女子を口説き落とす!

この度、本作の公開を記念して公開直前イベントを実施!ゲストとして、<OLが今1番なりたい女性>として人気爆発中の”エロふわボディ” 泉里香さんと、映画のタイトルでもあるフィフティ・シェイズ(50の人格)を自在に操れる<モノマネ帝王>こと原口あきまささんが参加されました!

main-2

全世界で420億円を超える大ヒットを記録し、世界中で話題沸騰中の本作の公開を目の前に実施された本イベント。第1章である前作より、さらにドラマティックに深化した本作のイベントで、どんな煌びやかなゲストが登場するのかマスコミ陣が待ちわびる中、MCの呼びかけにより、劇中の仮面舞踏会シーンの主人公・アナをイメージしたゴージャスで真っ赤なドレスにベネチアンマスクを身に纏った泉里香さんと、アナの恋人・グレイをイメージしたシックなブラックのタキシードを着用し、同じくベネチアンマスクを身に着けた原口あきまささんが登場し、それぞれ「よろしくお願いします!」とご挨拶。

_aaa1242

マスコミ陣もくぎ付けになるほどに美しくドレスを着こなし、持ち前のエロふわボディを見せつけた泉さんを、原口さんが「歯をつけているのが恥ずかしくなるくらい美しいですね…」と照れながら大絶賛。一方、泉さんは「タキシードと歯が合っていてとても素敵だなと思いました!」と笑顔でコメントしました。

早速、MCに本作を観た感想を問われると、泉さんは「ロマンスがたくさんで2人の愛が溢れた映画。セクシーな場面が多いのでドキドキしながら観ました!」とコメントし、原口さんは「大人だからこその恋模様が描かれていますね。夫婦で観ていたので、最初は照れ臭かったけど、途中から見入っちゃいましたね。映画のおかげか、久しぶりに妻からいってらっしゃいのチューがありました!」と興奮気味にコメントしました。

sub2

続けて、本作のキャッチコピーでもある「心の秘密は、身体が知ってる。」にちなみ、秘密を持った時に”身体に出てしまう”クセについてについて問われると、泉さんは「わたしは緊張すると噛んでしまったり、早口になるクセがあります」と明かし、原口さんは「僕は急に汗が出ます。この映画、エレベーターでイチャイチャするシーンがあるんですけど、さっきエレベーターで泉さんと2人きりになったときに、そのシーンを思い出して…(予告編でグレイがアナにいたずらするように)僕もしゃがみそうになっちゃいました…」と暴露し、会場は笑いに包まれました。

_aaa1474

そして、イケメンで大富豪だけど”大きな秘密を持っている”グレイを受け入れられるか問われると、泉さんは「グレイが本当にかっこいいので…私は許しちゃうかもしれないな…」と明かし、また、自身が理想としている男性について問われると、「私をすべて受け入れてくれる優しい人がいいですね。有名人でいうと…ジョージ・クルーニーとか…?」とコメント。すると、海外タレントのレパートリーがない原口さんが、とっさに高田純次さん風に「どうも、ジョージ・クルーニーです」と変化球モノマネを披露!その後、泉さんが「ブラット・ピットも好きです!」と振りをすると、またもや高田純次さんネタが飛び出し、会場は笑いの渦に包まれました!

_aaa1436

ここで、映画のストーリーにちなみ、泉さんが「恋愛束縛度チェック!」に挑戦!!!MCからの恋愛に関する10個の質問で、それぞれYESとNOの2択で答えた泉さん。YESが3つ以下だった泉さんは、寂しがりやさんの甘えん坊。診断結果は概ね合っていたようで、泉さんは「そうですね、一人も好きだけど寂しがりやの甘えん坊です!でも束縛はしなくても大丈夫です(笑)」とコメント。また、”甘いセリフを言いたいし、言われたいか”という問いにYESと答えた泉さんに対し、原口さんはでどんなセリフを言われたいのか尋ねると、泉さんは「”愛してるよ”とかストレートな言葉を言われたいです…!」と照れながらも恋人への願望について明かしました。

sub1

そして、泉さんの恋愛思考や理想の王子様を知り、好みの男性についても何となくわかってきたという原口さんが、50の人格を持つモノマネで、グレイも顔負けするほどの甘~いセリフを駆使し、泉さんを誘惑することに!原口さんは定番と言われる、稲川淳二さん、石橋貴明さん、柳葉敏郎さん、明石家さんまさん、出川哲朗さん、ビビる大木さん…と数々の著名人に成り代わり、とろけるほどに甘~い囁きを披露!さらに、勢いに乗った原口さんが、本作のキャッチコピーにちなみ、どこでもやっていない秘密の新ネタ”手術が成功したKA.BA.ちゃん” も披露!次々と繰り出されるモノマネに圧倒された泉さんは「すごい楽しかったです!」ととびきりの笑顔でコメント。マスコミ陣も圧倒されたようで、会場からは大きな拍手が巻き起こりました!

main

最後に泉さんは「大人の愛溢れる作品だったので、ぜひ女性の皆さんには映画館でキュンキュンしてほしいです。」、原口さんは「カップルやご夫婦ではドキドキして観てもらって、女の子同士ではこんな男の人いいなって、妄想を広げて観て欲しいです。ぜひ大人の恋愛を楽しんでください」とそれぞれ映画の見どころを語り、甘~いラブトークが繰り広げられたイベントは賑やかな空気に包まれながら幕を閉じました!

2017.06.19

歪んだ愛情表現の先に見つけた真っすぐな想いが嫉妬の炎に変わる…!本編映像解禁!

この物語が世界を魅了する最も大きな理由のひとつは、クリスチャン・グレイが女性にむける特殊すぎる刺激的な愛情表現。アナに近づく男性上司にメラメラと嫉妬の炎を燃やすグレイの表情に、これまでの歪んだ愛の形とは打って変わってアナへの真っすぐな想いが垣間見える胸キュン必至!本編映像を解禁いたします!

念願だった出版社への就職を果たし、上司のジャックにも気に入られたアナは、同僚も誘い一杯飲もうとジャックに誘われハブを訪れます。しかし、その場に同僚はおらず、少し訝しげなアナ…。すると、そこへグレイが現れます!アナへの想いがこれまでどの女性にも感じることがなかった愛情だと気づいたばかりのグレイは、ジャックの視線や振る舞いにただならぬ雰囲気を感じ取り、一気に嫉妬心むき出しで「僕は恋人だ」と堂々と宣言!しかし、年上の出来る男の余裕なのか、ジャックも「私はボスだ」と笑顔で応戦します。アナをめぐってバチバチと交わる2人、そして最後に見せるアナの複雑な表情に、この先に待ち受ける展開に期待が膨らむと共に、特殊で過激な形でしか愛情を表現できなかったグレイがアナを真っすぐに想って守ろうとする姿に、乙女心を撃ち抜かれる女性が続出すること間違いなしのシーンとなっています。

2471_d023_00110r

グレイを演じたジェイミー・ドーナンは、恋敵となるジャックの役柄とそれを演じたエリック・ジョンソンに「ジャック・ハイドは厄介な男だ。一見、チャーミングで魅力的で人当たりがいいけど、人に危害を及ぼしかねない邪悪さも秘めている。エリック自身は本当にいい人だから、彼が邪悪で危険な人間だなんて誰も想像できないだろう。でも、エリックはそれを見事に演じてみせた。ただ、少し背が高すぎるのはいただけない、とだけ言っておくよ(笑)」と冗談まじりに攻撃。一方のエリックはジャックの役作りについて振り返り「モラル的な人物のことは簡単に理解できるし、尊敬できる。でも、恐ろしいことをする人物に人間味を与えるにはどうすればいいのか?それが僕の挑戦だったんだ。とてもやりがいがあったよ」と、こちらもグレイと相対する関係性を楽しんでいたことを明かしており、彼らが繰り広げる愛憎劇に期待が高まります!

劇中では、グレイの誕生日に、アナが6月ならではの素敵なプレゼントを用意します。果たして、グレイはジャックに打ち勝ち、自身の誕生日を愛するアナと共に迎えることができるのでしょうか!?

2471_d083_00043r

2471_d052_00145r-1

2017.06.13

準備期間6か月!仮面客200人!ゴージャスの限りを尽くす仮面舞踏会!魔法のような世界の扉が開く特別映像解禁!

この度、劇中でも一際目を引く、ゴージャスの限りを尽くした、魅惑的でミステリアスな雰囲気に包まれた仮面舞踏会にフィーチャーした特別映像を解禁いたします!

グレイは自身の親がチャリティのために主催したこの魅惑的なパーティーにアナを招待し、2人は刺激的なデートを楽しみます。まるで魔法がかかりどこか別の世界にでも迷い込んだかのように色鮮やかで神秘的なムードが満ちるなか、煌びやかなドレスとビシっと決めたタキシード、そして素顔を半分隠して歩く2人の姿は息をのむほど超セクシー…!

sub

ダコタ・ジョンソンは、本作で最も大きく組まれたセットで行われた舞踏会の撮影に感動したようで「仮面舞踏会は作品にミステリアスな雰囲気を与えているの。すごく大規模で色がとても鮮やかだったわ」と振り返りますが、それもそのはず、火吹きや曲芸師など多くの大道芸人が会場を盛り上げ、さらに200人の客が全員ベネチアンマスクと華やかな衣装に身を包んだうえ、そのマスクひとつひとつに衣装と会うヘッドピースなどがあしらわれるといった、きめ細かなスタッフのこだわりがたっぷりと詰まっているそう。この見事なセットを作り上げたプロダクションデザインのネルソン・コ-ツは「準備に6か月かけたシーンをようやく実際に見ることができて、本当に興奮したよ。デザイナーとして、演技の助けになるようなセットを作りたいと常に思っているけど、今回は舞踏会の様子を見て、感激のあまり体内に電流が走った。嬉しかったね」と語り、自信を覗かせますが、このスケールの大きさと華々しい光景には原作のE L ジェイムズも大満足したようで「豪華で感覚を楽しませてくれる、素晴らしいシーンね。「私もそこにいたい」と思わせるような場所だったわ」と明かしています。

ゴージャスの限りを尽くす仮面舞踏会と、艶々なグレイとアナのたたずまいを、ぜひ劇場の大スクリーンでご堪能ください!

2471_d047_00143r

2017.06.06

ちょっぴり大人で色気のあるオフィスコーデからディオール、ヴァレンティノ…超豪華なドレスも登場!!センシュアルな世界を美しく彩る劇中衣装に注目!

本作独特のセンシュアルな世界観を美しく彩るのは、こだわり抜かれた衣装の数々!
この度、オシャレで洗練されたワードローブを着こなす登場人物の場面写真とともに、その魅力をご紹介させていただきます!

2471_d048_00020r

工具店でアルバイトする女子大生だった頃から、念願だった出版社に就職しキャリアウーマンとしての道を歩み始めているアナや、これまでの女性には持つことのなかったアナへの愛情に気づき、一人の男として再度アプローチするグレイなど、前作から成長した2人の愛の物語がさらにドラマティックに展開していく本作。劇中のアナはドット柄でネイビーのシースルーワンピやブラックのレースブラウスといったちょっぴり大人で色気のあるオフィススタイルを意識し、またグレイもカッチリ決めたスーツスタイルの多かった前作から、本作ではスキニーシーンズをワードローブに加え年相応の男らしさを引き立てるなど、2人の生活の変化が衣装にも表れています。

2471_d003_00117r

劇中の衣装を担当するほか過去に『ボーン』シリーズ等も手掛けたシェイ・カンリフは「全ての衣装に官能的な要素を取り入れようと心を配ったし、2人の恋愛が発展するにつれて、よりセクシーにしようと思った。それにアナの衣装の大半は、あるシーンでは普通の衣装として登場しても、のちの誘惑的なシーンでまた登場したりするから、仕事に着て行けて夜のデートにも使える服装にしなければならなかった。アナが衣装を脱ぐ時、カメラ映えするかも重要なポイントだった」と、2人の変化を衣装に滲ませるだけでなく、セクシュアルなシーンにも気を遣っていたことを明かしています。

2471_d023_00017r_crop-1

普段着では落ち着いたカジュアルスタイルをチョイスする一方、本作の見せ場でもある煌びやかな仮面舞踏会に参加するシーンでは、グレイはアナのために、ドルチェ&ガッパーナやディオール、ヴァレンティノ、マイケル・コースといった女性の憧れであるハイブランドのドレスで彩られた夢のようなウォークインクローゼットを用意。あまりの広さにアナを演じたダコタ・ジョンソンも驚いたようで「アナのクローゼットは本当に見ものだったわ。あれは、本当に巨大だった。それに、とても美しくて、すてきな洋服がいっぱいあった。実際に私があのクローゼットを使っていたら…もう大変よ」とコメントを寄せています。

closet

そんなアナがパーティで身に纏ったのは、フランスのファッションデザイナーであるモニーク・ルイリエとカンリフがコラボーレーションして作成したサテンのドレス。カンリフはモニークについて「モニークは1930年代を彷彿とさせる美しいサテンのドレスを作っているの。私は舞踏会のシーンのドレスにハリウッドのテイストを加えたかった。アイデアをまとめたファイルを作って、ダコタが持っていたドレスのイメージ資料と一緒にモニークに送ってスケッチを書いてもらうことにしたの。アナを豪華絢爛なシーンにおけるシンプルさの象徴のような存在にしたかったわ」と、自身のアイデアのほかにダコタのイメージも取り入れるなど、ドレスの対する強いこだわりを明かしています。

kamenbutokai

シンプルでありながらゴージャスさも兼ね備えたアナのドレスに合わせて、グレイには上品なバーバリーのタキシードをセレクトするなど、男性の衣装まで気を抜かないカンリフ。前作からさらにエロティックに、ドラマティックに深化したストーリーはもちろんのこと、その世界観を煌びやかに演出するキャスト陣の衣装にも是非ご注目ください!

★注訳)”センシュアル”とは…官能的である様

2017.06.05

ルールナシ 懲罰ナシ 秘密ナシ 衝撃カップルの復活はバニラの関係から。物語の深化が垣間見える本編映像解禁!

この度、ルールナシ・懲罰ナシ・秘密ナシの“バニラの関係”による2人だけの甘い世界が再びはじまりを告げ、この先に待ち受ける物語の深化を予感させる本編映像を解禁いたします!

強く惹かれ合いながらも、多くの特殊な条件を設定するグレイの歪んだ愛の形とうまく折り合いを付けられず去ってしまったアナ。しかしアナへの想いがこれまで自身がどの女性にも感じたことのない本物の愛情だと気づいたグレイは、ルールナシ、懲罰ナシの新たな形で再び二人の関係を戻そうと持ち掛けます。グレイの心を試すように魅惑の表情で「ルールも懲罰も、秘密もなしにできる?“バニラ”の関係?それでいいの?」と問いかけるアナに対し、グレイは隠しきれない喜びを噛みしめながら「君の許容範囲でやる。君が必要だ」と宣言。ロマンティックなムードのなか、一度は崩壊したかに見えた二人の関係が、特殊なルールを介在させず気持ちで結ばれた恋人同士=”バニラの関係”として復活し、この先さらなる<深化>を遂げる予感が漂うシーンに仕上がっています。

2471_d023_00017r_crop

ただ官能描写ばかりが描かれている作品だという印象も強い《フィフティ・シェイズ》シリーズですが、そんな人々の思い込みを打ち破るのが第二章である本作。ジェイミーは、「多くの人が、内容をよく知らないままに「セックスだけのストーリー」だと思い込んでいるんだ。確かにセックスはこのシリーズにおける大きな特徴だけど、今回の第二章では意外な方向に話が発展するし、俳優にはとっては嬉しい転換だった。前作では見せられなかった物語の違った面を、第二章で描けるのは素晴らしいことだね。僕とダコタにとっては新たな挑戦だったけど、楽しむことが出来たよ」と自信を見せ、ダコタも特殊な設定だけでなく普遍的な愛のテーマを内に秘める本作について「アナとグレイの内面をより深く掘り下げているの。二人は波乱づくめの激動の毎日を送る複雑なキャラクター。二人の関係における生々しくて困難な面を包み隠さず描いているわ」と語っています。

一見、よりエロティックに、よりドラマティックに深化する本作とは対照的に思える“バニラ”の関係。しかしこの刺激的なギャップこそが、この先に待ち受ける深く激しい男女の物語をいっそう盛り上げ、観る者をきっとスクリーンにくぎ付けにしてしまうはずです!

2017.05.30

日比谷シャンテ×フィフティ・シェイズ・ダーカー コラボフェア開催!

『フィフティ・シェイズ・ダーカー』公開を記念して、6/2(金)~7/13(木)の期間に日比谷シャンテとのコラボフェアを開催致します!

hibiya-chanter

3F八重洲ブックセンター前にて大型パネルを展示する他、原作本やサントラの関連商品のフェアを実施。また、1Fカフェシャポーでは、6/16(金)~7/13(木)の期間、オリジナルスイーツ“シャンテリー”を『フィフティ・シェイズ・ダーカー』をイメージして特別にアレンジした“ストロベリー シャンテリー”を販売。

純粋なヒロイン・アナと、大富豪・グレイの究極のラブストーリーからヒントを得た、<史上最も官能的なシャンテリー>がお召し上がりいただけます。劇中で描かれるゴージャスで刺激的な恋愛模様を、甘酸っぱいストロベリー風味と生クリームの薔薇、銀の砂糖で表現。この機会に、あなたの本能の扉を開くシャンテリーをご賞味ください。

FDS_B2_OL

————————————————————-
ストロベリー シャンテリー 『フィフティ・シェイズ・ダーカー』コラボレーションシャンテリー
販売期間:6/16(金)~7/13(木)
価格:¥1,520(税込)1ドリンク付き(コーヒー・紅茶・カフェオレ)
※数量限定販売・テイクアウト不可
————————————————————-

関連商品を購入のお客さまへは、優美な仮面のポスタービジュアルをデザインしたオリジナルポストカードをプレゼント致します(なくなり次第終了)。

その他、日比谷シャンテでは、TOHOシネマズ シャンテにて当日鑑賞のチケット(半券可)をお持ちいただくと、グルメやショッピング、ビューティがお買い得になる「シャンテプラス」もご利用頂けます。
※詳しくはwebまたは店頭のパンフレットをご覧ください。
日比谷シャンテHPはこちら

この機会にぜひ、日比谷シャンテにお立ち寄りください。

□========================================□

日比谷シャンテ
〒100-0006東京都千代田区有楽町1-2-2
TEL.03-3591-9001(11:00~12:00)
【ショッピング】11:00~20:00
【B2Fレストラン】11:00~23:00 (日・月は22:00まで)
※一部店舗を除く

□========================================□

2017.04.28

公開日6月23日(金)に決定!ムビチケカード前売券も4月28日(金)より発売開始!豪華アーティスト陣によるオリジナル・サウンドトラック発売決定!

fifty

世界中で空前の社会現象を巻き起こし、全世界興収5億7千万ドル以上という大記録を打ち立てた2015年の大ヒット映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』。その第2章『フィフティ・シェイズ・ダーカー』の公開日が、6月23日(金)に決定!また、ムビチケカード前売券の販売を4月28日(金)より開始いたします!

巨大企業の若き起業家にしてCEO、女性ならば誰もが憧れずにはいられない超絶イケメンのグレイと、それまで恋の経験がなかった女子大生アナの、特異な恋愛模様を過激な描写で描き、世界中の女性を虜にしたE L ジェイムズのデビュー小説を映画化した前作。前作同様に全世界で公開前からその期待の大きさは凄まじく、本作の予告編は、あの『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を抜き、24時間で1億1400万回という驚異の再生回数を記録!そして遂に2月10日から世界各国で公開され、なんと全世界51カ国で興行収入第一位スタートを記録した本作は、勢いをさらに加速させ全世界週末興行収入2週末連続No,1を獲得!2017年公開作品の中で、最高のオープニング記録を樹立※した本作が、今年6月、遂に日本に上陸いたします!(※インターナショナルオープニング興収記録)

前作に引き続き、アナ役をダコタ・ジョンソン、グレイ役をジェイミー・ドーナン、新キャストとして、グレイをSMの世界にひき込み“育てた”女主人・エレナ役を、007シリーズ『ネバーセイ・ネバーアゲイン』(83)でボンドガールを演じ、『L.A.コンフィデンシャル』(97)の妖艶な演技も話題となった、キム・ベイシンガーが務め、監督は、前作のサム・テイラー=ジョンソンから代わり、『パーフェクト・ストレンジャー』(07)や人気海外ドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン1~2」での評価も高いジェームズ・フォーリ-が務める。また前作では、ビヨンセを始め、Sia、ザ・ローリング・ストーンズなど、超豪華アーティストが楽曲を提供し話題となりましたが、本作でもまたテイラー・スウィフト、元ワン・ダイレクションのゼイン・マリク、ホセ・ジェイムズなど本作でしか実現しえない程の世界的ミュージシャンが集結!

さらにこの度、公開に先駆けて、超豪華アーティストたちのナンバーが収録された本作のオリジナル・サウンドトラックを6月14日(水)に発売することが決定いたしました!映画と共に、前作からさらにドラマティックに“深化”を遂げた本作の魅力溢れる楽曲にもぜひご注目ください!

全世界の熱狂が日本に伝播し、衝撃の官能ラブストーリー決定版がいよいよ“解禁”ー。
6月23日(金)、『フィフティ・シェイズ・ダーカー』が、あなたの “本能の扉“ を開く!

□==================================================□

『フィフティ・シェイズ・ダーカー』 オリジナル・サウンドトラック 概要
ユニバーサルミュージック【サウンドトラック公式URLはこちら
タイトル: フィフティ・シェイズ・ダーカー  オリジナル・サウンドトラック
アーティスト: V.A.
発売日:2017年6月14日
価格:2,700円(税込)

<TRACK LIST>
1.アイ・ドント・ウォナ・リヴ・フォーエヴァー(フィフティ・シェイズ・ダーカー) / ゼイン | テイラー・スウィフト
2.ノット・アフレイド・エニモア / ホールジー
3.プレイ / JRY feat. ルーティ
4.ライズ・イン・ザ・ダーク / トーヴ・ロー
5.ノー・ランニング・フロム・ミー / トゥールース
6.ワン・ウーマン・マン / ジョン・レジエンド
7.コード・ブルー / ザ・ドリーム
8.ブン・ビディ・ブン / ニック・ジョナス feat. ニッキー・ミナージュ
9.ヘリウム / シーア
10.クルーズ / カイゴ feat. アンドリュー・ジャクソン
11.サイエンティスト / コリーヌ・ベイリー・レイ
12.誰にも奪えぬこの想い / ホセ・ジェイムス
13.バースデイ / JP・クーパー
14.アイ・ニード・ア・グッド・ワン / ジ・アヴナー feat. マーク・アサリ
15.エンプティ・パック・オブ・シガレッツ / ジョセフ・エンジェル
16.ホット・ウッド・イット・テイク / アンダーソン・イースト
17.ホワット・イズ・ラヴ / フランセス
18.オン・ヒズ・ニース / ダニー・エルフマン
19.メイキング・イット・リアル / ダニー・エルフマン

□==================================================□