NEWS TOP

2017.06.26

E L ジェイムズ「私にとってはこの物語は典型的な”美女と野獣”なの」歪んだ愛し方しか知らなかった野獣が美女に純愛を誓う―アナとグレイのドラマティックな愛が垣間見える本編映像到着!

この度、歪んだ愛し方しか知らなかった野獣のグレイが、美女のアナに純愛を誓うドラマティックな本編映像が到着致しました!!

アナへの特別な“愛情”に気づいたグレイが特殊なルールを設けず純粋にアナを愛することを約束し復縁に至る本作。しかし、予期せぬ危機が2人に襲いかかり、またもやアナは、第1章で感じた不安に駆られていきます。「私は怖いの。あなたが今まで手に入れてきたものを、私は絶対にあなたにあげられない」と明かすアナにグレイは「あんなマネは二度としないと誓った。僕にとって君はかけがえのない存在だ」と優しい眼差しで答えます。そして、そのまま気持ちが動転しているアナの手を取ると、自身の胸元に押し当て「これが僕だ。僕の全て。」とアナの心を落ち着かせるように語りかけます。歪んだ愛し方しか知らなかった前作から打って変わり、アナへ心の底からの純愛を誓うグレイと、グレイの歪んだ心に怯えながらも歩み寄ろうとするアナの関係はまるで“美女と野獣” のよう…!過去の柵を乗り越え、まさに真の愛を突き詰める2人の姿が収められたロマンティックな映像にドキドキが止まらないはず!!!

2471_tp3_00078r

原作者のE L ジェイムズは、シリーズ第2章にあたる本作について「私にとってはこの物語は典型的な“美女と野獣なの。見どころは美女が野獣に立ち向かうところ。彼女は優しくて、思いやりがある。彼を癒やすのよ。愛は全てを癒やすの。」と、アナとグレイが純粋な愛で結ばれたことにより、ドラマティックに展開する物語を“美女と野獣”にたとえ、またアナを演じたダコタも「ストーリーのなかで人格が完成された彼女は、もうグレイの言いなりにはならない。その上で、彼は彼女のところに戻ってきた。相思相愛の2人は、相違点の折り合いをつける道を探し出さなくてはならない。私たちは、2人の魅惑的な旅路のようなものを目にすることになるのよ。」と、アナが一人の女性としてグレイに向き合ったことにより、さらに深化していく2人の恋人関係について語っています。

main

そんなドラマティックな赤い糸で結ばれつつある2人を演じたダコタとジェイミーの間にも共演者としての堅い絆が結ばれたようで、ジェイミーは「ダコタの素晴らしいところは、彼女だけが僕がどんな気持ちなのかわかっているし、僕も彼女の気持ちがわかる。物事が上手くいかない日もあるので、ある意味、お互いを必要としてた。僕らは求められるものが多かったし、特に彼女は肉体的に要求されているものが多かった。僕より着るものも少なかったけど、それは2作目で変わってきたかな。でも最初から一緒にいて、自分のことを理解してくれる人が必要なんだ。」と、身体を張った過激なシーンを演じることの多い本シリーズの撮影を乗り越える上でダコタの存在が欠かせないものであったことを明かしています。

アナとグレイの深化した純愛ラブストーリーは、数々の危機が迫るなか、どのような展開を迎えるのか!?役柄だけでなく、共演者としても心が深くつながった2人によって描き出されるドラマティックな第2章に是非ご期待ください!!!