「ワイルド・スピード」のネタバレあらすじと結末

アクション映画

ロサンゼルスのストリートレースシーンを舞台に、わけアリのカリスマレーサーであるドミニクと、侵入捜査官でドライビングテクニックに優れているブライアンの友情を描いた物語です。
 
この作品は全世界で注目された映画で、カーアクションシリーズ「ワイルド・スピード」の第1作目として公開され、作品の鍵を握るトヨタのスープラを始め、様々な車が登場しています。

ワイルド・スピードの主な出演者

監督:ロブ・コーエン 出演者:ヴィン・ディーゼル(ドミニク・トレット)、ポール・ウォーカー(ブライアン・オコナー(ブライアン・スピルナー))、ミシェル・ロドリゲス(レティ・オルティス)、ジョーダナ・ブリュースター(ミア・トレット)、リック・ユーン(ジョニー・トラン)、チャド・リンドバーグ(ジェシー)、ジョニー・ストロング(レオン)、テッド・レヴィン(タナー巡査部長)、マット・シュルツ(ヴィンス)ほか

ワイルド・スピードのネタバレ/あらすじ

訳アリのカリスマレーサー、ドミニクとの出会い

アメリカ・ロサンゼルスの港で高価な家電製品を積んだトラックに、闇夜に紛れて現れた黒のホンダ・シビック数台に襲撃されたところからストーリーが始まります。

その翌日、カー用品のショップ店員ブライアンが、いつもの行きつけのカフェでツナサンドを注文しました。

ブライアンはカフェの店員のミアに好意を寄せています。

カフェにはミアの兄であるドミニクの姿があり、次々にドミニクの仲間や恋人のレティが訪れ、ヴィンズがブライアンに因縁をつけたことにより、二人の殴り合いが勃発します。

ブライアンはドミニクから二度とカフェに来るなと告げられ、そのままカフェを後にしました。

その後、ブライアンは「レーサーズ・エッジ」のオーナーであるハリーに、愛車の三菱・エクリプスのパワーアップをするために、トロ噴射装置を用意してもらうように依頼しました。

その夜、街の一角では大勢の若者が集まり、ストリートレースゼロヨンが開催されようとしていて、ブライアンはエクリプスを賭けてドミニクに勝負を挑みました。

ブライアンはNOSを使って1度は先頭にいたドミニクに迫ったのですが、最終的にドミニクに負けてしまいます。

レース終了と同時に警官隊が現れ、ブライアンは警察にマークされていたことから、ドミニクをとっさに匿います。

 
しかし逃げる途中で、ドミニクと敵対しているジョニー率いる中国系ギャングの縄張りに迷い込んでしまいました。

ドミニクとジョニーは来月に開催されるレースでケリをつけることで合意したのですが、エクリプスはジョニー一味によって破壊されてしまいます。

傷害罪の前科を持つドミニクのマークを命じられる

実はブライアンは、トラック強盗事件を追っているロス市警の潜入捜査官でした。

上司のタナー巡査部長とFBIのビルキンス捜査官に呼び出され、犯行の手口から犯人はプロ並みの腕前を持つレーサーの可能性が高いということから、過去に前科があるドミニクをマークするように命じられています。

その後ブライアンはドミニクのガレージに廃車となってもおかしくないスープラを持ち込み、レース参戦のために修理をしてほしいと依頼します。

ブライアンはドミニクと仲間のジェシーに混じり、スープラの改造を手伝いながらドミニクの信用を得て、ファミリーのバーベキューに誘われるほどの関係に発展していきました。

しかし、ある日ドミニクの仲間がレーサーズ・エッジに、シビック数台分のパーツを注文したことから、ドミニクを疑い始めたブライアンは、仲間のガレージを探っていたところをドミニクらに気づかれてしまいます。

とっさにレースに出場する車両の下見がしたかったと嘘をつき、ドミニクに連れられてジョニーのガレージに潜入しました。

ジョニーのガレージにはシビックと、先日盗まれた高額な家電製品を発見し、ブライアンはそれをタナーとビルキンスに報告します。

決定的な証拠が得られていないというブライアンの忠告を無視して、ジョニー一味を一網打尽にするプランが計画されました。

ドミニクとレティを中心に数台でトラックを襲撃

ブライアンがミアとデートを楽しんでいたとき、ロス市警とFBIはジョニー一味の一斉検挙に踏み切ります。

しかし盗品と思われていた家電製品は、ジョニー一味が正規で購入したもので、あっさりと釈放されることになります。

ブライアンは一斉検挙の失態の責任を押し付けられ、36時間以内に真犯人を探し出すように命じられます。

修理の終わったスープラでドミニクたちとレースに出場したのですが、父親の愛車を賭けた一戦でジェシーが完敗してしまい、気が動転してその場から逃げ出してしまいました。

レースで勝利したジョニーはドミニクにジェシーの引き渡しを要求し、先日の逮捕はドミニクが警察に通報したからだと言いがかりを付け、大乱闘となりました。

ドミニクはブライアンが睨んでいた通り、トラック強盗団のリーダーで、その夜ミアの腕を振り切りドミニクがレティらと共にトラック襲撃に向かってしまいます。

ブライアンはミアに潜入捜査官であることを伝え、警備が強化されているためドミニクを助けたいと話しました。

ドミニクたちが襲撃したトラックの運転手はショットガンを所持しており、レティは車を横転させられ、ヴィンスは腕にワイヤーが絡まって出血します。

そこにブライアンがミアを連れて現場に現われ、ヴィンスを助け出し、ドクターヘリを要請していた内容をドミニクが聞いていて、会話の内容からブライアンが潜入捜査官であることを悟ってしまいます。

最終決戦のゼロヨン対決で横転して大破

ロサンゼルスに戻ったドミニクはショットガンを持ってジェシーを助けに行こうとしたのですが、ブライアンに制されていたところにジェシーが現れ、そこにジョニー一味がやって来てジェシーを射殺してしまいます。

ドミニクとブライアンは協力して逃げたジョニー一味を追い、カーチェイスの後にブライアンはジョニーを射殺しました。

その後、ドミニクとブライアンはゼロヨン対決をすることになり、互角の勝負をしていたのですが、あと一歩で決着が付くというときにドミニクの車は飛び出してきたトラックに衝突され、横転し大破してしまいます。

パトカーが近づいてくる音がして、ブライアンはドミニクにスープラの鍵を渡し、その場から逃走させます。

ドミニクはアメリカから脱出してメキシコに渡り、夕陽の荒野をシボレーで駆け抜けていきました。

映画ライタータイリュウの一言

レースはとても迫力があり、レーシングカーのエンジン音も大迫力で、とてもカッコよかったです。

潜入捜査していたブライアンとドミニクの友情が徐々に深まっていき、人情味あるストーリーが心に響きました。

コメント