「太陽を抱く月」あらすじ・ネタバレ・ラスト

ラブストーリー

「太陽を抱く月」は韓国MBCで放送されたロマンチック時代劇です。
キム・スヒョン演じるイ・フォン王は実在の人物ではありません。

朝鮮時代は天文学が盛んで、王を太陽、王妃を月に例えたことがタイトルの由来です。

世子フォンは王宮内で偶然であった少女ヨヌと恋に落ちます。
縁あってヨヌはフォンの婚約者になりますが、運命は二人を分かちヨヌは帰らぬ人に…。

幼い頃の純愛を貫き通した若き王の物語です。

「太陽を抱く月」の主な出演者

出演者:                                    イ・フォン (キム・スヒョン/子役ヨ・ジング)  成祖の嫡男(架空の人物),のちの王   
ホ・ヨヌ/ ウォル (ハン・ガイン/子役キム・ユジョン) ホ大提学の娘 ,身代わり巫女
陽明君 (ヤンミョングン) (チョン・イル/子役キム・ジンソン) 後宮パク氏の息子,フォンの異母兄
ユン・ボギョン (キム・ミンソ/子役キム・ソヒョン) ユン・デヒョンの娘 のちの王妃
ホ・ヨム (ソン・ジェヒ/子役イム・シワン) ホ大提学の嫡男,ヨヌの兄,陽明君の友人 
キム・ジェウン(ソン・ジェリム/子役イ・ウォングン) フォンの護衛武士,陽明君の友人
ソル (ユン・スンア/子役ソ・ジヒ) ヨヌの付き人,女剣客
ミナ (ナム・ボラ/子役ジン・ジヒ)フォンの妹,ヨヌの死により夫ホムを得る。
チャン・ノギョン (チョン・ミソン) アリの同僚巫女,のちの国巫 ほか

「太陽を抱く月」のあらすじ/ネタバレ

二人の出会い

成祖(ソンジョ)王の頃。成祖の母、大妃(テビ)は甥デヒョンに成祖の異母弟ウィソングンを謀反の罪で殺させます。

目撃者の星宿庁(ソンスチョン)の巫女アリは、追われて崖から転落し、偶然ホ・ヨンジェ大提学夫人に助けられました。
アリはホ夫人のお腹の子が高貴な縁を持つ娘と予言、必ずその娘を守ると約束します。
このお腹の子がヨヌです。

結局、アリは極刑に処せられ、死ぬ前に同僚ノギョンにあの娘を守ってと託されます。

それから13年後、世子(セジャ)フォンは、異母兄の陽明君(ヤンミョングン)に会うため、王宮を抜け出そうとします。
そこで、ヨヌに泥棒と間違われ、フォンは梯子から落ちてしまい、恥ずかしさから世子と名乗れずヨヌに文を贈ります。

陽明君は政権争いを嫌う成祖の意向で寂しい思いをし、旅することとヨヌの存在が心の支えです。

フォンの新しい先生ヨムに、妹ミナ王女は一目惚れをします。

ヨヌはデヒョンの娘ポギョンとミナの学友となり、二人を見た国巫(クンム)ノギョンはポギョンが妃になると予言し大妃は喜びます。

しかし、世子嬪決めが始まると形勢逆転し、最終的にヨヌが選ばれました。
幸せいっぱいの二人。大妃の命でノギョンの呪いを受けヨヌは原因不明の病で亡くなってしまいます。

運命の再会

ヨヌ亡き後、フォンはポギョンを妃に迎えても、ずっと無視し続けていました。
フォンは血気盛んな青年王、厳しく不正を断罪します。
うんざりしたデヒョンらは、体調を理由にフォンを地方静養に行かせます。

一方、国巫を退いたノギョンは3人の娘たちと地方で暮らしていました。
その一人の娘はまさにヨヌ。
ノギョンはヨヌにある薬を盛り埋葬後に救出しましたが、ヨヌは記憶を失ってしまいました。
ヨヌの下女ソルも近くにいながらも、秘密を明かすことはありません。

王の行列を見に行ったヨヌは、その顔を見て我知らず涙を流します。
宿舎からこっそり抜け出し、視察中に山に迷い込んだフォン。


ヨヌそっくりの外見と聡明な話しぶりにヨヌと一時錯覚します。
名前を持たないというヨヌに、ウォルと名付けて去ります。

厄受け巫女ウォル

王宮に戻ったフォンは再び不正の排除を始め、デヒョンは星宿庁の代理に再びフォンの具合を悪くさせます。

ポギョンがフォンに会って下がる矢先、フォンは胸を押さえ気を失います。

大王大妃はもう天に頼むしかないと、ノギョンを呼び戻すことに。
しかし、使者の説得に応じないノギョンに、観象監(カンサンガム)の面々はウォルを連れ去ってしまいます。

ウォルは星宿庁に連れて行かれ、厄受け巫女としてフォンの眠りを見守役に就きます。
ある日、熟睡のお茶を飲まずに床に入ったフォンは、ウォルがいることに驚きます。
フォンはヨヌと錯覚して惑わされまいと一旦はウォルを遠ざけますが、再び呼び寄せ胸の苦しみを癒せと命じるのでした。

ホムから受け取ったヨヌの遺書。乱れた筆運びにその苦しみを想い涙するフォン。
そして、ヨヌの文字とウォルの文字が極似していることに顔色を変えます。
遺書の内容に疑問を覚えたフォンは、ヨヌの死について調べるよう命じます。

デヒョンはポギョンとの営みの日を前にウォルを罪に問うと脅したため、しぶしぶ訪れたフォンは突然胸を押さえて倒れてしまいます。
そして、ウォルが王を呪った罪で捕縛されてしまうのです。
ウォルはデヒョンに取引を拒否し、拷問を受けることに。
フォンは大王大妃を動かしウォルを救いますが、陽明君がウォルをかばったことで事態は複雑になってしまいます。

ウォルは王族を惑わせた罪で活人署行きに、そっと見送るしかないフォン。
しかし、ウォルは途中何者かに連れ去られ、陰月閣ですすり泣く女の霊を鎮めろと命じられます。
そこで一晩過ごすうち、自分がどこの誰なのかを思い出すことになるのでした。

反乱、反逆の果てに

ウォルは、活人署で治療の手伝いをすることに。

8年前の調査報告とノギョンの話から、ウォルがヨヌと気づくフォン。
活人署に駆けつけたフォンとヨヌはしっかりと抱き合います。

ヨヌを渡したくない陽明君は迎えに来たフォンと対峙します。

フォンはヨヌを自室に隠して住まわせることに。
一方、ヨヌの呪いにミナが関わったことに失望するフォン。
ある計画に逡巡する中で、過去の自分に襟を正されます。

大王大妃を地方に送ったフォンを見て、デヒョンは謀反を企てます。
講武の日、フォンは並んで歩いていた陽明君と剣を向け合います。
陽明君はふいに王側につき、逆にデヒョンらは成敗されてしまうのです。

そして、陽明君は敵に自ら撃たれ、亡くなってしまうのでした。

その後、ノギョンは宮殿の悪霊たちと共に逝ってしまいます。
ヨヌは母と兄に涙の再会を果たし、フォンと婚姻とうとう王妃になり王子も設けます。
フォンは謀反に関わった者たちを罰し、王族であっても罪あるものは罰しました。

政治とは、正置である。
正しいことは正しく、あるべきものはあるべき位置に戻す。
それが政治であると。

韓国ドラマライターさらんの一言

フォンは理想的な王様ですね。
かっこよくて、女性に一途で、実行力があって、何より強い王です。
時代劇は数々見ましたが、いつも思うのは王様って思う通りにならないのね、ってところです。
ずっと待っていたヨヌと一緒になることができて、ほんと嬉しかったですね。
フォン役のキム・スヒョンは、「星から来たあなた」も有名で人気のあるドラマです。
そのうち、ご紹介できたらと思います。

コメント