STAFF&CAST

Dakota Johnson ダコタ・ジョンソン アナスタシア・スティール役

本作『フィフティ・シェイズ』シリーズのアナ役で一気にスターダムを駆け上がった。その後、ベネチア国際映画祭でプレミア上映され高い評価を受けた2作品も話題に。『ブラック・スキャンダル』(15/スコット・クーパー監督)ではジョニー・デップと、ジャック・ドレー作品のリメイク『胸騒ぎのシチリア』(15/ルカ・グァダニーノ監督)ではティルダ・スウィントン、レイフ・ファインズ、マティアス・スーナールツと共演を果たした。最新作はルカ・グァダニーノ監督と再びタッグを組んだスリラー作品『Suspiria(原題)』(18)。

Jamie Dornan ジェイミー・ドーナン クリスチャン・グレイ役

北アイルランド出身。2006年、ソフィア・コッポラ監督のアカデミー賞® 受賞作品『マリー・アントワネット』で長編映画デビュー。2013年に放送開始されたBBC製作の犯罪TVドラマ「THE FALL 警視ステラ・ギブソン」(13~16/ジリアン・アンダーソン共演)で批評家の称賛を受け、BAFTAテレビ・アワード主演男優賞ノミネート、アイリッシュ・フィルム・アンド・テレビジョン・アワードのTV部門主演男優賞と新人賞受賞、英国メディア業界賞のブレイクスルー賞を受賞。その後、数々のテレビ&映画に出演、着実に演技派としてキャリアを構築、最新作にローラ・カーク、アリス・イヴ共演『Untogether(原題)』(2018年4月23日北米公開)、待機作として『Robin Hood(原題)』(18)、 TV映画「My Dinner with Hervé(原題)」などがある。

Eric Johnson エリック・ジョンソン ジャック・ハイド役

ヒストリー・チャンネルのTVシリーズ「ヴァイキング 〜海の覇者たち〜」(13)に出演。また、ジェイコブ・ヴァーブリューゲン監督、ダニエル・ブリュール、ルーク・エヴァンス、ダコタ・ファニング共演のTVシリーズ「The Alienist」(18)の撮影を終えたばかりである。
アカデミー賞®受賞監督スティーヴン・ソダーバーグ演出、クライヴ・オーウェン主演によるシネマックスのTVシリーズ「The Knick/ザ・ニック」(14-15)で、スキルは高いが人種差別主義者のエバレット・ガリンジャー医師という難役を熱演。その他のTV出演作に、タチアナ・マズラニー共演「オーファン・ブラック 暴走遺伝子」(13,17)、ライリー・キーオ共演「ガールフレンド・エクスペリエンス」(17)など。

James Foley ジェイムス・フォーリー. 監督

1986年の作品『ロンリー・ブラッド』で第36回ベルリン国際映画祭金熊賞にノミネート。ピュリツァー賞とトニー賞を受賞したデヴィッド・マメット原作の映画化作品『摩天楼を夢みて』(92)は第49回ベネチア国際映画祭金獅子賞にノミネートされた。映画の代表作に、『悪魔の恋人』(96・未/マーク・ウォールバーグ、リース・ウィザースプーン出演)、ジョン・グリシャム原作の『チェンバー/凍った絆』(96)、『フィフティ・シェイズ・ダーカー』(17)など。主なTV作品に、Netflixの人気ドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」(13-15)、ショウタイム制作「ビリオンズ」(16)、NBCドラマ「ハンニバル」(13)などがある。

E L James E L ジェイムス 原作/製作

元テレビ局役員で、夫と2人の息子がいるウェスト・ロンドン在住の作家である。幼少期から作家になることが夢だったが、家族やキャリアを優先すべく断念。その後、満を持して処女小説「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」を発表した。
「フィフティ・シェイズ」3部作は全世界で1億冊以上を売り上げ、52カ国語で出版された。第1作の「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」は25週連続でニューヨーク・タイムズ紙のベストセラー・ランキング第1位に輝いた。ピーク時で1秒に2冊売れていた計算になる。2012年6月、アマゾンUKにおいて最も電子書籍が売れた作家となり(Kindle版は100万冊以上を売り上げ、UKで歴代ナンバーワンのベストセラー小説となった)、またアマゾンUK史上最も本が売れた作家としても名を残した。2012年、TVジャーナリストのバーバラ・ウォルターズが選ぶ「今年の顔10人」や、タイム誌の「世界で最も影響力がある100人」、パブリッシャー・ウィークリー誌の「パブリッシング・パーソン・オブ・ザ・イヤー」に選出されている。